ママくるアイランドトップ

離乳食の始め方

赤ちゃんが成長していくにしたがって、母乳やミルクの栄養だけではエネルギーを補えなくなっていきます。
成長に欠かせない栄養素を補うためにも、離乳食に進ませることはとても大切なことです。離乳をさせて、噛む力と飲み込む力をつけさせていきましょう。

画像 離乳食の開始時期

離乳食の開始時期は、胃や腸などの消化器官が発達してくる生後5か月頃からといわれています。
生後5か月になると、赤ちゃんは周りのものに興味をもち始めます。ママの食事風景を見て口を動かすなどの仕草を見せたら離乳食を始めてみましょう。
しかし、個人差があるので、なかなか離乳食を始められないからといって心配することはありません。 遅くても生後6か月までに始めることができればよいでしょう。
赤ちゃんが嫌がっているのに、無理に口に入れて食べさせようとしてはいけません。赤ちゃんが食事に興味を持ち、食べたいという気持ちを待つことが大切です。

画像
離乳食の進め方

離乳食は、初期、中期、後期、完了期に分けられ、それぞれの段階を踏んでステップアップしていきます。
噛む力も飲み込む力も弱い赤ちゃんに、はじめから固いものを与えてはいけません。
歯が生えてきて、しっかりと噛むことができるようになるまで、焦らずゆっくりと進めましょう。

初期:飲み込めるものから

粒がないくらいドロッとしたお粥から始めましょう。お粥は、消化吸収がいいので、消化器官にかかる負担が少ないためです。
まだ舌をうまく動かすことができないので、口に入れたものをこぼしてしまいます。汚れてもいいように、クロスや新聞紙をひくなどして、後片付けのことも考えて準備しましょう。

中期:舌でつぶせるもの

赤ちゃんに飲み込む力が付いたら、次のステップに進みましょう。
この頃になると、舌を上手に動かせるようになるので、固形物を食べさせてあげます。
指でつまむと簡単に崩れてしまう豆腐程の硬さのものから始めます。 お粥に、みじん切りで細かく切った野菜を入れてあげるといいでしょう。

後期:歯茎でつぶせるもの

赤ちゃんが、もぐもぐと口を上下に動かしていたら噛むことを覚えさせるために、次のステップへ進めましょう。
後期になると食べられるものも増えてきますが、アレルギー症状を起こしにくい食品や身体に負担の掛けない食品を選びましょう。
まだ食事からだけでは満足な栄養を摂取できないので、食事後のおっぱいやミルクはまだ必要です。

完了期:歯がそろってくる

歯が生えてきたら、前歯を使って噛み切ることができるようになります。バナナほどのかたさのものを食べやすい大きさに切ってあげましょう。
この頃になると、栄養は離乳食から摂ることがメインとなるので、卒乳を考える時期でもあります。
1日3食取らせるようにして、栄養バランスも考えた食事を与えましょう。

画像 画像




離乳食について 離乳食で避けるもの





ママくるアイランドトップ

ママくるアイランド® are registered trademarks of bitwalker
copyright ©2011 bitwalker All Right Reserved